<大相撲初場所2020> 初日に鶴竜、2日目に白鵬と両横綱に早くも土、3日目はどうなる!

ニュース

<大相撲初場所2020> 初日に鶴竜、2日目に白鵬と両横綱に早くも土、3日目はどうなる!

初日に鶴竜、2日目に白鵬と両横綱に早くも土がつく波乱の展開となるなか、新関脇 朝乃山が初日に御嶽海、2日目に玉鷲のいずれも優勝経験のある実力者を破って存在感を見せている。

3日目、新関脇で連勝スタートとなった朝乃山は、平幕の隠岐の海と対戦します。
過去の対戦成績は、朝乃山が6勝1敗とリードしています。
四つ相撲を得意とする力士どうしの対戦ですが、立ち合いの当たりの強さでは朝乃山が上回るだけに、朝乃山がしっかり踏み込んで得意の右四つの形を作ることができれば優位です。

前頭筆頭の遠藤は大関 豪栄道と対戦します。
初日に鶴竜、2日目に白鵬を破り2日連続で金星をあげました。
遠藤は、豪栄道に対してここまで4連勝中で、先場所同様に頭をつけて左四つになれば遠藤に分があります。
一方、今場所角番の豪栄道は初日から連敗し、序盤でこれ以上黒星が続けば大関の地位が危うくなるだけに、まずは今場所初白星をつかみたいところです。

初日に黒星を喫した横綱 鶴竜は13日初白星をあげ、14日は前頭二枚目の北勝富士と対戦します。
押し相撲に馬力がある北勝富士は、今場所大関2人を破って勢いに乗っているだけに鶴竜としては、悪い癖の引き技を封印して低い姿勢で攻めることが大事です。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ