<NHK紅白歌合戦2019> 曲順決定、最後を飾るのは「嵐」

ニュース

<NHK紅白歌合戦2019> 曲順決定、最後を飾るのは「嵐」

令和元年の大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦の曲順が12月27日、発表され、白組の「嵐」が最後を飾ることになりました。

ことしの紅白歌合戦には、紅組、白組合わせて43組の歌手が出場するほか、さまざまな特別企画などが組まれています。

先攻は紅組で初出場の「Foorin」が「パプリカ -紅白スペシャルバージョン-」を歌います。
対する白組のトップは郷ひろみさんの「2億4千万の瞳 -エキゾチック ”GO!GO!” ジャパン-」です。

紅組の最後はMISIAさんの「アイノカタチメドレー」。
白組の最後はメンバーの櫻井翔さんが司会を務める「嵐」で「嵐×紅白 スペシャルメドレー」を歌って締めくくります。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ