<人生会議> 公開停止後はどうなったか!

ニュース

<人生会議> 公開停止後はどうなったか!

「人生会議」という厚生労働省が作成したポスターに批判が集まり、一日で公開を停止するという騒動に発展しましたが、その後どうなっているのでしょうか。

あなたは、人生の最終段階をどう迎え、何を大切にしたいと思いますか。

そうしたことを日頃から身近な人と話し合ってもらおうと、「人生会議」という言葉が生まれました。

これを周知しようと厚生労働省が作成したポスターに批判が集まり、一日で公開を停止するという騒動に発展しました。

一体何が起きたのか。関係者はどう受け止めたのか。そして、そうした混乱を経て、今、何が生まれているのでしょうか。

厚生労働省が「人生会議」の言葉と考え方を広めようと作成ポスターを公開し騒動に発展しました。
お笑い芸人の小籔千豊さんが死期間近の人に扮し、命の危機が迫ったら想いも伝えられなくなる。その前に人生会議をしよう、と訴えています。

<抗議した患者団体>

卵巣がんの患者団体代表の片木美穂さんは、公開当日の11月25日に自身のSNSタイムラインに流れてきた、ポスターのデザインを見て、目を疑いました。

片木さん
「青ざめた色味や鼻のチューブで、『死』を恐ろしいものとイメージさせていると思いました。病院にも掲示される可能性があると聞き、がんなどで治療を受けている患者さんやご家族が見たら、恐怖心をあおられるのではないか。その気持ちを考えているのだろうか」

これまで6500件もの当事者や家族の相談にのってきた片木さん。
もともと人生会議には賛同していましたが、ポスターに関しては「いま治療を受けている患者や家族の気持ちに配慮してほしい」と訴える抗議文を作成し、団体のサイトに掲載。厚生労働省にも送りました。

同時に、SNS上では、がんの経験者や医療関係者から「生き死にに関わることをちゃかしている」「恐怖をあおっている」など、違和感を訴える声が広がっていきました。

<厚生労働省は、どう受け止めたのか>

厚生労働省の島田志帆さん。「人生会議」の普及を担当し、ポスターのデザインや文言のチェックも行いました。

抗議文を読んで、闘病中の患者や家族などへの配慮が十分でなかったと感じ、翌日の26日の夜には厚生労働省として、ウェブサイトでの公開と自治体への配布の停止を決めました。

しかし、ポスターや関連のイベントを含めた啓発事業に関しては、4000万円以上の税金が投じられることになっていて、停止が報じられたのち、そのことも批判の対象となりました。

島田室長
「人生会議については、若い層など、ふだんは関心が無い人にも興味を持ってもらうことが求められていました。そこでポスターを作成し公開しましたが、患者や遺族を傷つける内容との意見をいただきました。さまざまなプロセスにおいて患者団体や有識者の方々に議論に参加いただいていたので、意見を聞くとか、もう少し丁寧な対応をしておけばよかったと思っています」

<反論に反論 広がる波紋>

その後、事態は予想外の展開を迎えます。今度は「停止すべきではなかった」という声が、SNSなどを中心に広がったのです。

ツイッター投稿の抜粋

「関心がない人に『刺さる』ことを優先しているんだから当たり前だろ」「正直、これの何が問題なのかよくわからん」。

こうした声を上げた人の中には、5万人以上のフォロワーを抱える医療関係者や、著名ながんの当事者もいました。

抗議をした片木美穂さんのもとには、批判のメールが殺到。その数は100通を超えているといいます。

片木さん
「私も抗議文で、つい感情的な表現を使ってしまい、それが批判を生んだ部分はあると思っています。ただポスターを見たとき、『死に方を決めなければならない』というような、人生会議の本質を誤解したメッセージが広がってしまうと危機感を覚えました。だからこそ改善してほしいと考えたのですが、真意が伝わらなかったことは残念です」

※編集中です、詳しく知りたい方は上記をクリックしてください。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ