<大相撲九州場所2019> 13日目 横綱 白鵬の優勝決まるか

ニュース

<大相撲九州場所2019> 13日目 横綱 白鵬の優勝決まるか

大相撲九州場所2019は12日目を終えて、今日11月22日、13日目に横綱 白鵬が1敗を守り優勝を決めるか、対戦相手は小結の阿炎です。

白鵬を星2つの差で追う、小結 朝乃山と平幕の正代がともに敗れ、白鵬が勝つと、白鵬の4場所ぶり43回目の優勝が決まります。

九州場所は横綱・大関陣の休場が相次ぐ中、ひとり横綱の白鵬が休場明けの影響を感じさせない安定感を見せ、ここまで1敗を守って優勝争いの単独トップに立っています。

これを星2つの差の3敗で新小結の朝乃山と平幕の正代の2人が追います。

白鵬は小結の阿炎との対戦で、過去の対戦成績は不戦敗を除くと1勝1敗です。

朝乃山は関脇を務めたことがある琴勇輝との対戦です。
過去の対戦成績では朝乃山が1勝2敗と負け越しています。
今場所の朝乃山は立ち合いの圧力と前に出る攻めの速さが光り、強く当たって得意の右四つの形を作れば優位な展開です。

同じく3敗の正代は炎鵬と対戦します。

3敗の2人がともに敗れ、白鵬が勝つと白鵬の4場所ぶり、43回目の優勝が決まります。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ