<GSOMIA> 韓国政府「協定終了せず」日本政府に方針伝える

ニュース

<GSOMIA> 韓国政府「協定終了せず」日本政府に方針伝える

日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて、韓国政府は、日本政府に協定を終了するとした通告を停止する方針を伝えてきたことがわかりました。

日韓のGSOMIAの失効が2019年11月23日午前0時に迫る中、韓国大統領府は、21日に続いて、22日午後、NSC=国家安全保障会議を開き、最終的な対応を協議しました。

韓国政府は、GSOMIAを終了するとした通告を停止する方針を日本政府に伝えてきたことがわかりました。

これにより、協定の効力は維持されることになります。

GSOMIAは、弾道ミサイルの発射に向けた動きなど、秘匿性の高い軍事情報を2国間で交換できるよう情報を適切に保護するための仕組みなどを定めたもので、韓国との間では3年前に締結しました。

協定は1年ごとに自動的に延長される取り決めになっていますが、韓国政府は、ことし8月、日本が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外したことなどを理由に終了を決定し、日本に通告しました。

これに対し、日本政府は、地域の安全保障環境を完全に見誤った対応だとして、終了の決定を見直すよう求めてきたほか、アメリカ政府も、エスパー国防長官が韓国のムン・ジェイン大統領と会談するなどして、決定の見直しを繰り返し求めていました。




1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ