<大相撲九州場所2019> 2日目、一横綱 二大関が敗れる波乱

ニュース

<大相撲九州場所2019> 2日目、一横綱 二大関が敗れる波乱

大相撲九州場所は2日目、横綱 白鵬と大関の貴景勝と高安の一横綱、二大関が敗れる波乱の土俵となりました。

▽横綱 白鵬に大栄翔は大栄翔が押し出しで勝ちました。
白鵬は2日目にして早くも黒星を喫しました。
今場所初黒星の横綱 白鵬は「敗因はいろいろある。相手が落ちて決まったかなと一瞬思ってしまった。もったいないね。立ち合いがちょっと抜けた感じがする」と淡々と話していました。
前頭筆頭の大栄翔は横綱 白鵬から金星を挙げ、「立ち合いからしっかり当たれた。思いどおりの相撲だった。しっかり前に出る相撲でイメージどおり。すごくうれしいがまだ2日目、最後まで気を抜かずやりたい」と落ち着いた様子で話していました。

▽大関 高安に小結・阿炎は、阿炎が押し出しで勝ちました。
負け越すと大関陥落となる「角番」の高安は初黒星です。
小結の阿炎は大関 高安から白星を挙げ、「はじめから突っ込んでいこうと土俵下で決めた。落ち着いて相撲を取れたので次の取組へ自信になる、続けていけたら。スピード負けしたらだめなので早く攻めてまわしを取らせないように」と振り返っていました。

▽朝乃山に大関 貴景勝は、朝乃山が上手出し投げで勝ちました。
今場所大関に復帰した貴景勝は初黒星です。
大関復帰の貴景勝も初黒星、支度部屋では厳しい表情で無言でした。
貴景勝から白星の新小結 朝乃山は「立ち合い、しっかり踏み込めたと思う。相手のいなしと、はたきは頭に入っていた。寄りたかったが1回まわしが切れて、もう1回まわしを取ってすかさず出し投げにいった。緊張感ある中でしっかり自分の相撲を取れたのでよかった。新三役で勝てたのはうれしいがまだ終わりではない。こういう相撲を増やしていきたい」と話していました。

▽大関 豪栄道は、初日の取組で左足首のじん帯などを痛めて休場。
隠岐の海は不戦勝となりました。

▽栃ノ心に妙義龍は妙義龍が引き落としで勝ちました。
今場所10勝以上をあげれば大関に復帰できる栃ノ心ですが2連敗と苦しいスタートになりました。
大関復帰を目指す関脇 栃ノ心は、2連敗の苦しいスタートに「自分でも分からない。悪くない。内容は悪くない」とみずからに言い聞かせている様子でした。

▽北勝富士に御嶽海は北勝富士が突き落としで勝ちました。
御嶽海は2日目で初黒星です。
先場所優勝の関脇 御嶽海は、今場所初黒星に「立ち合いはよかった。自分の相撲だった。落ち着いて前に出ていったが最後は足がついていかなかっただけだ。悪い相撲ではなかった」と淡々と話していました。
御嶽海から白星を挙げた小結 北勝富士は「楽しめた。右のはずが入ったのがよかった。圧力をかけていたからまわりこめた。前回の対戦の反省から前にもっと圧力をかけていかなければいけないという意識を強く持てた。この白星はいちばんいい、気持ちがよく出しきった感じだ。負けても次につながるが、勝ったことでもっと次につながる。収穫は十分ある」と満足している様子でした。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ