<ラクビ―W杯2019日本大会> 南アフリカ3度目の頂点

ニュース

<ラクビ―W杯2019日本大会> 南アフリカ3度目の頂点

アジアで初めての開催となったワールドカップ日本大会は、9月20日に開幕し、およそ1か月半にわたって全国12の会場で合わせて48試合が行われ、決勝戦が11月2日午後6時から横浜国際総合競技場で行われました。

ラクビ―のワールドカップ(W杯)2019の日本大会の最終日は11月2日、横浜国際総合競技場で決勝戦が行われ、南アフリカがイングランドを32-12で破り、3大会ぶり3度目の頂点に立ちました。

決勝戦は、イングランドと南アフリカが対戦し、南アフリカが2回目の優勝を果たした2007年大会と同じ顔合わせとなりました。

前半、南アフリカは、強みのフィジカルをいかした攻撃で相手の反則を誘い、司令塔のハンドレ・ポラード選手が4つのペナルティーゴールを決めて12対6とリードして折り返しました。

後半も両チームがペナルティーゴールで得点を奪い合う緊迫した展開が続きましたが、南アフリカは、後半25分にウイングのマカゾレ・マピンピ選手が前方のスペースにキックし、うまくバウンドに合わせてボールをキャッチしたセンターのルカニョ・アム選手が再びマピンピ選手につないで、この試合初めてのトライを決めました。
さらに33分にはイングランドが落としたボールを南アフリカが拾ってつなぎ、ウイングのチェズリン・コルビ選手が快足を飛ばしてトライを決め、イングランドを突き放しました。

南アフリカは持ち味の堅い守りでイングランドに最後までトライを許さず32対12で勝ちました。

南アフリカは3大会ぶり3回目の優勝で、3回目の優勝は、ニュージーランドと並んで史上最多です。次のワールドカップは4年後、2023年にフランスで開催されます。




1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ