<フィギュアGPシリーズカナダ大会2019> 羽生選手が優勝

ニュース

<フィギュアGPシリーズカナダ大会2019> 羽生選手が優勝

フィギュアスケートのグランプリシリーズ、カナダ大会は2019年10月26日、男子シングル後半のフリーが行われ、羽生結弦選手は4回転からの連続ジャンプをほぼ完璧に決めるなど圧倒的な演技で、フリーと合計点で自己ベストの得点をマークして優勝を果たしました。

優勝した羽生選手はフリーで212.99、ショートプログラムとの合計は322.59と、ともに自己ベストを大きく更新し、合計点ではアメリカのネイサン・チェン選手の持つ世界最高得点に0.83に迫る高得点ででした。

オリンピック2連覇の羽生選手は、自身の今シーズン、グランプリシリーズ初戦となる第2戦のカナダ大会に出場し、前半のショートプログラムでトップに立ち26日、後半のフリーに臨みました。

羽生選手は演技の冒頭、今大会の公式練習で多くの時間を割いて練習してきた4回転ループを跳びますが着氷が乱れ、出来栄え点を獲得できませんでした。

それでも、続く4回転サルコーを成功させると、演技の後半には4回転からの連続ジャンプをほぼ完璧に決め高い出来栄え点を獲得したほか、トリプルアクセルからの連続ジャンプも成功させました。

羽生選手はステップや3つのスピンでも最高評価のレベル4を獲得するなど圧倒的な演技を披露し、演技の終わりにはガッツポーズを見せました。



1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ