<ラグビ―W杯日本大会2019> 日本、南アフリカに敗れ、ベスト4に届かず

ニュース

<ラグビ―W杯日本大会2019>  日本、南アフリカに敗れ、ベスト4に届かず

ラグビーワールドカップ日本大会で日本は、10月20日、準々決勝で強豪の南アフリカに3対26で敗れ、初のベスト4入りはなりませんでした。

日本の快進撃は、準々決勝で終わりました。

1次リーグ4戦全勝で、9回目の出場で初めてベスト8に進んだ日本は、20日夜、準々決勝で優勝候補の一角、南アフリカと、東京 調布市の東京スタジアムで対戦しました。

日本は前回大会で歴史的な勝利をあげた相手に、開始早々の前半3分、スクラムで押し込まれたあと、パスをつながれてトライを奪われて先制されました

このあと南アフリカの選手が危険なタックルで一時退場となりました。日本は、1人多い有利な時間帯にスクラムで相手の反則を誘い、19分に田村優選手がペナルティーゴールを決めて3対5と詰めよって前半を折り返しました。

後半は、出だしから日本に反則が相次ぎ、20分すぎまでにペナルティーゴールを3つ決められ、じわじわと引き離されました。
さらに日本は後半25分にモールで押し込まれてトライを許し、その直後にも相手にボールを奪われて素早いパス回しで展開され、この試合3つ目のトライを奪われました。
日本は、相手の素早く力強い守備に阻まれてトライをあげられずに3対26で敗れ、初のベスト4入りはなりませんでした。
それでも地元で初めて開かれたワールドカップを過去最高の成績となるベスト8で終えました。



1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ