<森友学園補助金詐取> 籠池夫妻に懲役7年求刑ー 大阪地裁

ニュース

<森友学園補助金詐取> 籠池夫妻に懲役7年求刑ー 大阪地裁

森友学園をめぐる補助金詐取事件で、詐欺罪などに問われた籠池泰典(66)、妻諄子(62)両被告の論告求刑公判が2019年10月30日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で行われた。

検察側は「だます意図は明確」などと述べ、籠池被告と諄子被告ともに懲役7年を求刑した。

弁護側の最終弁論も同日行われ、結審する。判決は来年2月19日に言い渡される。

籠池被告は公判で、大阪府と大阪市からの補助金の不正受給を一部認めたが、私的流用については「ない」と否定。国の補助金については関与を否定している。諄子被告は無罪を主張している。

 論告で検察側は、諄子被告が業者に補助金を多めにもらうように指示し、籠池被告も業者に「うそも方便やで」などと話したと指摘。「だます意図は明確だ」と非難した。

 起訴状によると、両被告は2016〜17年に小学校建設費を水増し申請し、国の補助金計約5600万円を詐取。11〜16年度には、障害で支援が必要な幼稚園児や専任教員の数を偽って申告し、府などから補助金計約1億2000万円をだまし取るなどしたとされる。 





1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ