<台風19号2019> 週末12日~13日、大きな影響が出るおそれがあり!~

ニュース

<台風19号2019> 週末12日~13日、大きな影響が出るおそれがあり!~

大型で猛烈な台風19号は、12日の土曜日から13日の日曜日にかけて、暴風域を伴って東日本にかなり接近する見込みです。本州の広い範囲で暴風や大雨による大きな影響が出るおそれがあり、今後の情報に注意し早めの備えを心がけてください。NHKニュースを引用しまとめてみました。

金曜以降 東~西日本の太平洋側 大雨の見込み

台風の接近に伴って湿った空気が流れ込むため、東日本と、西日本の太平洋側では、11日午後以降、大気の状態が不安定になって非常に激しい雨が降り、大雨となるところがある見込みです。

11日の朝から12日朝までの24時間に降る雨の量は、多いところで
▽東海と近畿で200ミリから300ミリ、
▽関東甲信で100ミリから200ミリ、
▽四国で100ミリから150ミリ、
▽東北で50ミリから100ミリで、

その後も東日本と北日本で雨量は増える見込みです。

今週末からの連休に広い範囲で大荒れの天気となり、特に台風が接近する地域では暴風や大雨による甚大な被害が発生するおそれがあります。

今後の台風の情報に注意し、早めの備えを心がけてください。

局地的な高波「一発大波」に注意

台風が遠く離れていても海に近づく際には注意が必要です。「一発大波」とも呼ばれる局地的な高波による被害が過去にも相次いでいるからです。

「一発大波」は、うねりを伴った波が100回から1000回に1度、最大で予想の2倍ほどの高波となって海岸を襲う現象で、「土用波」や「フリークウェーブ」とも呼ばれています。

現在の台風19号のように、小笠原諸島周辺など日本の南の海上に発達した台風がある際に、うねりが重なり合うことで起きやすいとされ、過去にも各地で水難事故が相次いでいます。

17年前の2002年10月には静岡県熱海市の防波堤で突然、高波が発生し、釣りなどをしていた17人が波にさらわれて2人が死亡しました。この時は台風が小笠原諸島付近を北上していました。

波の高さの予想が2メートルであっても、最大で4メートルほどの高波が襲うことになり、太平洋側の海岸に近づく際には「一発大波」を念頭に置いて注意するようにしてください。

千葉県 台風19号への備えを呼びかけ

千葉県は週末に接近するおそれがある台風19号に備えて、命を守るための早めの避難をすること、水、食料、電池などを最低3日分、可能であれば1週間分備蓄すること、ガソリンなどの車の燃料を満タンにすること、家族や知人と連絡の取り方を確認すること、最新の気象情報に注意することを呼びかけています。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ