<夏の甲子園2019> 履正社が初優勝

ニュース

<夏の甲子園2019> 履正社が初優勝

令和最初となる夏の全国高校野球2019は8月22日に決勝が行われ、大阪の履正社高校が石川の星稜高校に5対3で勝って初優勝を果たしました。

夏の甲子園で初めて決勝に進出した履正社は大会屈指の好投手、奥川恭伸投手を擁する星稜と対戦しました。

履正社は1点を追う3回、4番の井上広大選手が今大会3本目となるスリーランホームランを打って逆転しました。

履正社は、7回に2点を失って同点に追いつかれましたが、直後の8回、キャプテンで7番の野口海音選手のタイムリーヒットなどで再び2点を勝ち越しました。

このあと、7回途中からリリーフした2人目の岩崎峻典投手が星稜の反撃を抑え、履正社が5対3で勝ち、春夏通じて初優勝を果たしました。大阪勢の優勝は、去年の大阪桐蔭高校に続き2年連続です。



1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ