<夏の甲子園2019> 出場する代表49校決まる

ニュース

<夏の甲子園2019> 出場する代表49校決まる

夏の甲子園2019、全国高校野球選手権大会に出場する代表49校が決まりました。

令和最初の甲子園となる今大会で初出場をするのは、

▽長野の飯山高校、
▽愛知の誉高校、
▽宮崎の富島高校の3校で、去年より3校少なくなりました。

飯山高校と誉高校は春夏通じて初めての甲子園です。

今大会での最多出場は

▽宮城の仙台育英高校の28回
▽福島の聖光学院は13年連続の出場、夏の甲子園の戦後の連続出場記録を更新しました。

春夏連続の出場は

▽青森の八戸学院光星高校、
▽千葉の習志野高校、
▽山梨学院、三重の津田学園、
▽石川の星稜高校、
▽大阪の履正社高校、
▽兵庫の明石商業、
▽智弁和歌山高校、
▽鳥取の米子東高校、
▽香川の高松商業、
▽福岡の筑陽学園の11校です。

そして、最も久しぶりの出場となるのは秋田中央高校で、45年ぶり5回目の出場です。

一方、ことしのセンバツで優勝した愛知の東邦高校や去年夏の優勝校、大阪桐蔭高校は出場を逃しました。

<広告>

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ