<米朝首脳会談2019.6.30> トランプ大統領とキム委員長 3回目会談

ニュース

<米朝首脳会談2019.6.30> トランプ大統領とキム委員長 3回目会談

南北の軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設で行われていたトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長による3回目の首脳会談が6月30日にありました。NHKニュースを引用しまとめてみました。

韓国メディアは、最初にトランプ大統領とキム委員長の会談が行われたあと、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が合流し、史上初めて、アメリカ、韓国、北朝鮮の3か国の首脳が同じ場で面会したと伝えました。

米朝で交渉チーム設置 合意

トランプ大統領は、キム委員長と3度目の首脳会談のあと、韓国のムン大統領とともに報道陣の取材に応じ、「とてもいい会談だった。両国で交渉のチームを設置することで合意した。このチームが交渉の詳細を詰めていく。早く交渉をまとめることよりも包括的でよい合意を達成できるかどうかだ」と述べました。

そして「交渉チームは、これからの2~3週間で何ができるか、またはできないのか見極めることになる。チームはこれから数週間で会合を開き、動き出すだろう。」と話しました。

軍事境界線でキム委員長を見送る

会談を終えたトランプ大統領とキム委員長は、韓国のムン大統領とともに施設を出たあと、歩いて軍事境界線に向かい、6月30日午後4時53分ごろ、キム委員長と別れました。

<広告>

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ