<令和で初めての沖縄戦「慰霊の日」> 戦没者追悼式

ニュース

<令和で初めての沖縄戦「慰霊の日」> 戦没者追悼式

令和で初めての沖縄戦「慰霊の日」を迎えた2019年6月23日、最後の激戦地で戦没者追悼式が行われました。

20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から74年

沖縄県は、旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」としています。

沖縄は「慰霊の日」を迎え、最後の激戦地となった沖縄県糸満市では戦没者追悼式が開かれました。

最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では時折、雨が降る中、朝早くから遺族などが訪れ、戦没者の名前が刻まれた「平和の礎」で花を手向けたり、手を合わせたりしていました。

平和祈念公園では、正午前から沖縄県主催の戦没者追悼式が開かれました。

沖縄県と政府の対立が深まる中、玉城知事は、式典で読み上げる「平和宣言」の中で、恒久平和の重要性を訴えました。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ