<イラン訪問後の安倍総理> トランプ米大統領と電話会談

ニュース

<イラン訪問後の安倍総理> トランプ米大統領と電話会談

イラン訪問後の安倍総理は、トランプ米大統領と電話会談を行い、イランでの会談内容など説明した。その内容をNHKニュースを引用しまとめてみました。

イランから帰国した安倍総理大臣は、最高指導者のハメネイ師との会談内容などを説明するためアメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。

このあと安倍総理大臣は記者団に対し、トランプ大統領から謝意があったとしたうえで、引き続き国際社会と緊密に連携し、地域の平和と安定のために努力する考えを強調しました。

アメリカとイランの対立で中東情勢が緊迫する中、イランを訪れていた安倍総理大臣は14日午後10時すぎから、総理大臣公邸でアメリカのトランプ大統領と電話会談を行いました。

このあと安倍総理大臣は記者団に対し、「イラン訪問を受けて中東情勢について意見交換を行った。トランプ大統領からイラン訪問と働きかけに謝意の表明があった。今後ともトランプ大統領、アメリカと緊密に連携をしていく考えだ」と述べました。

そのうえで「互いの複雑な国民感情など、緊張緩和に向けた道のりには大変な困難が伴うが、地域の平和と安定、そして世界の繁栄のために、今後とも国際社会と緊密に連携を重ねながら努力していきたい」と述べました。

また、安倍総理大臣は、ホルムズ海峡付近を航行中の2隻のタンカーが攻撃を受けたことについて、「いかなる者が攻撃したにせよ、船舶を危険にさらす行動に対して日本として断固非難する。そのうえで、すべての関係国が不測の事態が発生することがないよう、しっかりと自制し、緊張を高めるような行為は厳に慎むべきだ。今後ともできるかぎりの役割について努力を重ねていきたい」と述べました。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ