<天皇陛下 即位の礼> 剣璽等承継の儀(けんじとう しょうけいのぎ)

ニュース

<天皇陛下 即位の礼> 剣璽等承継の儀(けんじとう しょうけいのぎ)

天皇陛下は5月1日、前10時半に皇居・宮殿の「松の間」に入り、即位に伴って国事行為として行われる「即位の礼」の最初の儀式、「剣璽等承継の儀」に臨まれました。

天皇陛下は、1日午前9時50分すぎ、皇居・宮殿での儀式に臨むため、お住まいのある東京・港区の赤坂御用地を車で出発されました。皇居の半蔵門を通過する際、窓を開けて沿道に集まった人たちに手を振られました。

新たに即位した天皇陛下は、5月1日、午前10時半、皇居・宮殿で、歴代天皇に伝わる三種の神器のうちの剣(つるぎ)と曲玉(まがたま)などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀(けんじとう しょうけいのぎ)」に臨まれました。

昭和天皇の崩御を受けて行われた前回の儀式では、上皇さまはモーニングに喪章をつけられましたが、今回、天皇陛下は、えんび服に最高位の勲章の「大勲位菊花章頸飾(だいくんい きっかしょうけいしょく)」をつけて臨まれました。

儀式では、天皇陛下の側近の侍従たちが三種の神器のうちの剣と曲玉、それに、国事行為の際に印として使う国璽(こくじ)と御璽(ぎょじ)を「案」と呼ばれる台の上に置きました。

そして、侍従らが再び剣と曲玉を台から持ち上げると、天皇陛下は剣と曲玉を携えた侍従らとともに「松の間」を退出され、5分ほどで儀式が終わりました。

<即位後朝見の儀>

天皇陛下は、午前11時10分すぎから、皇后となられた雅子さまとともに、即位後初めて国民を代表する人々と会う「即位後朝見の儀」に臨まれました。

皇后となられた雅子さまとともに臨んだ「即位後朝見の儀(そくいご ちょうけんのぎ)」では、「常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たす」と天皇として初めてのおことばを述べられました。

この中で天皇陛下は「皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望いたします」と述べられました。

続いて、安倍総理大臣が天皇陛下の前に進み出て、国民を代表して「天皇陛下を国及び国民統合の象徴と仰ぎ、激動する国際情勢の中で、平和で希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を創り上げていく決意です」とあいさつしました。

<侍従職・認証式>

また、天皇陛下は、正午すぎからご一家を補佐する「侍従職」トップの侍従長などの認証式にも臨まれました。そして、午後3時半から午後6時すぎにかけて、両陛下で皇族方や宮内庁の職員などから祝賀を受けられる予定です。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ