<日本遺産> 新たに16件を認定

ニュース

<日本遺産> 新たに16件を認定

文化庁は5月20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」の5弾として21都道府県の16件を認定しました。

日本遺産は今回の16件を加え計83件となった。

岩手、宮城両県の金産出の歴史を伝える「みちのくGOLD浪漫」や、三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」などが加わった。

地域活性化や観光振興につなげようと、2015年から毎年認定。東京オリンピック・パラリンピックがある令和2年に100件程度に増やす。今回、岩手、鹿児島、オキナワ3県でも初めて認定され、遺産がないのは東京都のみとなった・

<新たに認定された日本遺産>

<日本遺産>

地域の文化財の魅力を高め、観光資源として積極的に活用する目的で、文化庁が認定している。寺社や城郭、祭り、伝統芸能など複数の有形・無形の文化財で構成される。有識者委員会が、外国人にも分かりやすい物語性や日本遺産を生かした地域振興策などを審査する。認定されると、国が観光ガイドの育成や多言語のホームページ作成といった取り組みを財政支援する。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ