<大相撲夏場所2019> 朝乃山 初優勝 12勝3敗

ニュース

<大相撲夏場所2019> 朝乃山  初優勝 12勝3敗

大相撲夏場所2019は5月26日千秋楽を迎え、25日の14日目に初優勝を決めた朝乃山は小結 御嶽海に敗れ12勝3敗の成績でした。


<朝乃山「大変うれしい」>

大相撲夏場所で初優勝を果たした朝乃山は、優勝インタビューで「大変うれしい。プレッシャーの中で自分の相撲を取れたことがよかった」と振り返りました。


そのうえで、優勝した要因については「場所前の春巡業や稽古を自信に変えたことが結び付いたと思う。前に前に進む姿勢を崩さずに取れたことがよかった」と話しました。

さらに表彰式でアメリカのトランプ大統領から「アメリカ大統領杯」を手渡されたことについては「ことばに表せないほどうれしかった」と話しました。

そして、富山県出身力士として103年ぶりに優勝したことについては、「地元にはずっと応援していただいたので一つ恩返しをすることができた。これで終わったわけではないので、三役やそれ以上を目指して看板力士になれるように頑張ります」と力強く話しました。


・朝乃山に御嶽海は、御嶽海が寄り切り。(25日の14日目に初優勝を決めた朝乃山は12勝3敗の成績)

・碧山に竜電は、竜電が上手投げで勝って10勝を挙げました。

・逸ノ城に妙義龍は、逸ノ城がはたき込み。

・栃ノ心に大関 高安は、高安が寄り切り。

・大関 豪栄道に横綱 鶴竜は、鶴竜が寄り切りで勝ちました。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ