<大相撲春場所2019>白鵬 全勝優勝 千秋楽の結果

ニュース

<大相撲春場所2019>白鵬 全勝優勝 千秋楽の結果

大相撲春場所2019は千秋楽の3月24日、横綱白鵬が結びの一番で横綱鶴竜に勝って全勝として、3場所ぶり42回目の優勝を果たしました。

関脇 貴景勝は、大関 栃ノ心に押し出しで勝って10勝目を挙げました。

日本相撲協会は、春場所後に貴景勝の大関昇進に向けた臨時の理事会を開催することを決め大関昇進が確実になりました。

栃ノ心は負け越しで、大関の座から陥落することになりました。
栃ノ心は、新大関となった去年の名古屋場所からわずか5場所での陥落となりました。

大関どうし高安に豪栄道は、豪栄道が突き落としで勝って12勝目を挙げました。

14勝目をあげ、2回目の殊勲賞を受賞した逸ノ城は横綱 白鵬が勝って、優勝を逃した取組を見届けると、「フーッ」と息を吐いてから目を閉じ、「きょうは結構、緊張したが、しっかり勝って結果を待つという気持ちだった。今場所は、体が思いどおりに動き、前に出る動きがよかった。今場所の気持ちを覚えていて、やっていきたい」と話していました。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ