<東日本大震災8年> あの日から8年 NHKスペシャル

ニュース

<東日本大震災8年> あの日から8年 NHKスペシャル

東日本大震災8年の3月11日、多くの人々が津波に巻き込まれ亡くなりました。それから8年の今日、11日、被災地では追悼式が行われ悲しみに包まれます。そこで、「東日本大震災 あの日から8年 3.11 ドキュメント」NHKスペシャルをご案内します。

日本大震災の津波に巻き込まれて亡くなった、宮城県石巻市の園児が生きた証しを伝え続けようと建立された慰霊碑が完成し、除幕式が行われました。

8年前の東日本大震災で、石巻市の日和幼稚園の海側に向かう送迎バスが津波に巻き込まれ、乗っていた園児5人が亡くなりました。

慰霊碑は、子どもたちが生きた証しを伝え続けようと、遺族などが石巻市のバスが見つかった場所の近くに建立しました。

10日はおよそ40人が参加して除幕式が行われ、長女で当時6歳だった愛梨ちゃんを亡くし、慰霊碑の建立に中心的に携わった佐藤美香さんなどがセレモニーを行い、慰霊碑を披露しました。

慰霊碑は高さ1メートル60センチ、幅が2メートル40センチのみかげ石製で、亡くなった園児一人一人の名前のほか、「懐かしく思い出されるあなたの笑顔にまた会いたい」とわが子へのメッセージも刻まれています。

式の最後に、佐藤さんは「多くの人に慰霊碑を見てもらい、最愛の子どもたちが命と引き換えに語りかける防災の意味を考えてほしい」と話していました。





1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ