<黒い津波> 東日本大震災 知られざる実像 NHKスペシャル

ニュース

<黒い津波> 東日本大震災 知られざる実像 NHKスペシャル

「黒い波」。東日本大震災で津波を目撃した人たちが口にする言葉です。波が黒くなった要因のひとつは、海底の土砂。宮城県気仙沼市では、津波が湾の入り口付近の海底を掘り下げ、大量の土砂とともに一気に陸上に押し寄せ被害を拡大させました。

震災からまもなく8年。津波や医療の専門家たちは今、「黒い波」に着目し、土砂が混じった津波がどのように威力を増し、どう人体に影響するか、次の巨大災害に備えるべく解析を始めています。

NHKでは、「黒い波」の取材チームを結成。ただの海水ではない「黒い波」が押し寄せる津波の脅威について、皆さんからの情報提供をもとに掘り下げていきます。

「黒い波」に人が巻き込まれると、土砂などの異物が肺へと入り込み「津波肺」と呼ばれる重篤な肺炎を引き起こすことも分かりました。ほかにも健康被害を訴える声をよく耳にします。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ