<東日本大震災> 八周年追悼式

ニュース

<東日本大震災> 八周年追悼式

東日本大震災の発生から8年となる3月11日、政府主催の追悼式が東京で開かれました。

政府主催の「東日本大震災八周年追悼式」は11日午後、東京の国立劇場で開かれ、秋篠宮ご夫妻や安倍総理大臣、遺族の代表らが出席しました。そして、地震が発生した午後2時46分に合わせて、出席者全員が黙とうをささげ、犠牲者を悼みました。

<首相の式辞>

安倍総理大臣が「震災から8年がたち、被災地の復興は着実に前進している。今後も被災者一人一人が置かれた状況に寄り添いながら、切れ目のない支援を行い、復興を加速していく。原子力災害被災地域においては帰還に向けた生活環境の整備などを着実に進めていく」と述べました。

<秋篠宮さまお言葉>

秋篠宮さまが「困難な状況の中にいる人々が誰一人取り残されることなく、少しでも早く平穏な日常の暮らしを取り戻すことができるよう、これからも私たち皆が心を一つにして被災した地域や人々に末永く寄り添っていくことが大切でありましょう」とおことばを述べられました。

<岩手県遺族代表>

このあと岩手、宮城、福島の3県の遺族の代表があいさつしました。
岩手県の遺族代表の高橋勇樹さん(41)は、「8年前のあの日からずっと、母を待ち続けています。親孝行を何一つできなかった自分。一生このむなしさと悔しさを抱えて私はこれから生きていくのだと8年たった今でも心が忘れさせない。あの日を決して忘れない」と述べました。

<宮城県遺族代表>

宮城県の遺族代表の今野昌明さん(52)は、「津波が一瞬のうちに、足の悪い母を飲み込みました。手がかりは全く見つけることができず、悔しさと無力さ、絶望の悲しみと辛さで、心の中に大きな穴が開いたままです。母さん、どこにいるのですか?世界中からの心温まる支援のおかげで、復興が目に見える形で進んでいますので、安らかに天から見守っていてください」と述べました。

<福島県遺族代表>

福島県の遺族代表の叶谷守久さん(79)は「うしろを振り返ると、真っ黒な壁のような津波が襲って来るのが見えました。山によじ登り、妻を引き上げようと手をひいているうち、瞬く間にのみ込まれ、その手が離れていったことを覚えています。妻がいなくなって8年がすぎました。最愛の妻の笑顔と、共に過ごした思い出を心に刻み、妻の分まで精いっぱい生きていこうと思っています」と述べました。

このあと、追悼式では、参列者による献花が行われました。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ