<はやぶさ2> 小惑星「リュウグウ」への降下を開始し着陸へ

ニュース

<はやぶさ2>  小惑星「リュウグウ」への降下を開始し着陸へ

日本の探査機「はやぶさ2」は、2月21日午後1時すぎ高度2万メートルから小惑星「リュウグウ」への降下を開始し、ゆっくりとした速度で高度を下げています。順調にいけば22日午前8時ごろに、着陸して岩石の採取に挑む予定です。

探査機「はやぶさ2」は小惑星「リュウグウ」への着陸を目指し、日本時間の21日午後1時15分ごろ、予定よりおよそ5時間遅れて高度2万メートルから降下を開始しました。

そして、途中で当初の時速およそ3キロから時速360メートルまで減速し、JAXAは運用に問題はないとして21日午後7時すぎ、降下を継続すると発表しました。

順調にいけば、22日午前6時ごろに高度500メートル付近で地上からの指令を離れて「はやぶさ2」自体が着陸を判断する自動制御に切り替わり、22日午前8時ごろ、「リュウグウ」に着陸して岩石の採取に挑む計画です。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ