<国の借金> 国民1人当たり871万円 1100兆円超える!

ニュース

<国の借金>  国民1人当たり871万円 1100兆円超える!

「国の借金(国債や借入金など)」が、1918年の年末の時点で1100兆円を超え、過去最大を更新したことが分かりました。

財務省の発表によりますと去年の年末時点で、国債と借入金、それに政府短期証券を合わせたいわゆる「国の借金」は1100兆5266億円でした。

<写真は1億円 100万円札束100>

これは高齢化で増え続ける社会保障費などを税収だけではまかなえず、新たな借金に当たる国債の発行などで補っているためです。
内訳は国債が973兆9000億円余り、政府短期証券が73兆3000億円余り、借入金が53兆2000億円余りとなっています。

これを先月1日時点の日本の総人口で割ると、国民1人当たり871万円余りになります。

政府は新年度予算案で、国債を32兆6000億円余り、新たに発行することにしていて、財政健全化の道のりは険しさを増しています。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ