<将棋 藤井七段> 「朝日杯」で優勝 初の棋戦連覇を最年少で達成

ニュース

<将棋 藤井七段>  「朝日杯」で優勝 初の棋戦連覇を最年少で達成

藤井聡太七段が、2月16日に行われた朝日杯将棋オープン戦で2018年に続いて優勝し、自身初となる棋戦の連覇を最年少で果たしました。

藤井聡太七段(16)は、16日に東京都内で朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントに出場し、準決勝で行方尚史八段(45)を破ったあと、午後行われた決勝で渡辺明棋王(34)と対局しました。

2018年のこの大会で、佐藤天彦名人や当時二冠だった羽生善治九段などトップ棋士を次々と破って初優勝していました。

決勝の相手の渡辺棋王は、これまでにタイトルを通算20期獲得している実力者で、藤井七段との対局は、公式戦では今回が初めてです。

対局は、それぞれの持ち時間が40分の早指しで、将棋ファンを前に公開で行われました。

後手の藤井七段は次第にペースを握って優勢になり、午後4時52分、128手までで渡辺棋王を投了に追い込み、2018年に続いて優勝を果たしました。


1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ