<陸上 男子走り高跳び> 日本新記録を更新 戸邉直人選手

ニュース

<陸上 男子走り高跳び>  日本新記録を更新 戸邉直人選手

陸上男子走り高跳びの戸邉直人選手が、ドイツで行われた室内の大会で、2メートル35センチの記録をマークし、13年ぶりに日本記録を更新しました。

戸邉選手はドイツで2日に行われた室内の大会で2メートル35センチを成功させ、2006年2月に醍醐直幸選手がマークした室内の日本記録を13年ぶりに更新して優勝しました。

日本陸上競技連盟によりますと、走り高跳びなどのフィールド種目は、屋根のあるなしにかかわらず、室内の記録も通常の世界記録や日本記録として認定されるということです。

戸邉選手は千葉県出身の26歳。
屋外の大会では、去年7月に、日本記録まであと1センチに迫る、2メートル32センチの日本歴代2位の記録を出したほか、去年8月のジャカルタアジア大会では銅メダルを獲得しました。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ