<新語・流行語大賞2018> 年間大賞は 「そだねー」

ニュース

<新語・流行語大賞2018> 年間大賞は 「そだねー」

ことし話題になったことばに贈られる「新語・流行語大賞」が12月3日、発表されました。

「新語・流行語大賞」は、1年の間に話題になった出来事や発言、流行などの中から世相を表現したことばを選ぶ賞で、ことしは30のことばがノミネートされました。

この中のトップ10が12月3日、東京都内で発表され、年間大賞には、ピョンチャンオリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子の「そだねー」が選ばれました。

<年間大賞> ピョンチャンオリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子の「そだねー」が選ばれました。


<トップ10にえらばれたのは>

▽ゲームをスポーツのように競技として行う「eスポーツ」

▽サッカーワールドカップロシア大会での大迫勇也選手の活躍をたたえた「(大迫)半端ないって」

▽ことし民放で放送されたドラマ「おっさんずラブ」

▽国会での答弁が論点をずらしたものだと批判する「ご飯論法」、▽夏の猛暑を指した「災害級の暑さ」

▽山口県周防大島町で行方不明になった男児を発見した尾畠春夫さんを称した「スーパーボランティア」

▽アマチュアボクシングで会長にゆかりの深い選手に有利な判定が行われたとされる「奈良判定」

▽NHKの番組に登場する「チコちゃん」の決めぜりふ「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

▽セクハラに遭った被害者たちが告発する際に使った「#MeToo」が選ばれました。

<記事の元>

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ