<バドミントン全日本総合選手権2018> 男子シングルスで桃田賢斗選手が優勝

ニュース

<バドミントン全日本総合選手権2018> 男子シングルスで桃田賢斗選手が優勝

バドミントンの日本一を決める全日本総合選手権2018、男子シングルスの決勝で、世界ランキング1位でことしの世界選手権を制した桃田賢斗選手が3年ぶり2回目の優勝を果たしました。

世界ランキング1位でことしの世界選手権を制した桃田賢斗選手が、ことしのアジア大会で銅メダルを獲得した世界9位の西本拳太選手に、ゲームカウント2対1で勝って、3年ぶり2回目の優勝を果たしました。

桃田賢斗選手は「決勝は、ずっと一緒にプレーしてきた西本選手が相手で、きのう見たプレーのクオリティーが高く、楽しみ半分、怖さ半分でコートに入った。

第2ゲームは相手の気迫に押されたがファイナルゲームは意地で勝てた」と決勝戦を振り返りました。

そして、優勝を決めたあとにガッツポーズが出たことについて「去年はいろんなことを考えてしまって、声を出すこともガッツポーズをすることも自分を出せずに終わってしまった。
ことしは『なんとしても優勝したい』という気持ちが強く、いろんな人に支えられたことにすごく感謝しながら楽しんでプレーできた。
これからもこの気持ちを忘れずに1試合1試合を全力で戦いたい」と話し、3年ぶりの優勝の喜びをかみしめていました。

<記事の元>



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ