新元号には、いつ変わる

ニュース

新元号には、いつ変わる

「新元号になるのは何日?」「平成っていつ終わるの?」

実は「平成」から新元号に変わる日にちが正式に決まっていないことをご存じだろうか。

政府は、式典などの準備を着々と進めている。しかし、新たな元号の選定作業は秘中の秘としているのに加え、新元号をいつ決定し、いつ明らかにするのか、さらにいつ切り替えるのか、まだ判断していないのだ。政府内でいま、何が起きているのか。その真相を報告する。
(政治部官邸クラブ取材班)

<新元号の公表「半年程度前」>

去年12月1日、安倍総理大臣ら三権の長や皇族の代表らが出席して、宮内庁の特別会議室で皇室会議が開かれ、天皇陛下が2019年4月30日に退位、皇太子さまが翌5月1日に即位されることが固まった。

その1週間後の8日の閣議で、政府は陛下の退位の日程を正式に決定し、現行憲法下では初めて、そして過去をさかのぼれば江戸時代後期の1817年以来となる退位が実現することになった。

新元号の公表時期について、この頃、政府内では「半年程度前には公表」というのが相場観だった。

退位に向けた特例法の付帯決議に、「政府は、本法施行に伴い元号を改める場合においては、改元に伴って国民生活に支障が生ずることがないようにする」などと明記されたからだった。

政府関係者は当時、「カレンダーや手帳などだけでなく、公文書などの変更なども考慮して余裕を持って準備を進めようと思えば、半年程度が適当ではないか」などと話していた。

<後ろ倒しになっていく発表時期>

しかし、それが日を追うごとに、後ろ倒しになっていった。

「半年程度前」から「来年2月24日に開かれる、天皇陛下在位30年の記念式典のあと」が有力に。天皇陛下の在位30年を祝う式典の前に、新たな元号を決めるのは好ましくないというのが、その理由だった。

この前後、ある政府関係者は「カレンダーのことが話題になるが、一定程度前となると、新元号が入れられる業者と、入れられないところが出てきてしまう。むしろ全社が間に合わない時期の方が混乱しない」などと話していた。

それが、ことし5月を過ぎると、皇太子さまが即位される来年5月1日の少なくとも1か月前になった。

これは、すべての府省庁の連絡会議で、税や社会保障などの行政システムを改修するには1か月程度の期間が必要だという報告が行われたことがきっかけだった。

これを受けて、政府は、皇太子さまが即位される来年5月1日の午前零時に元号を改めるという前提に立って、新元号の公表時期はその少なくとも1か月前とすることを想定して準備を進めることを申し合わせたのだった。

しかし、この後も、ある政府関係者は、「誤解しているマスコミもあるが、1か月前はあくまでも想定であり、4月1日に新元号発表と決め打ちしているわけではない」などと述べ、それ以前の可能性もにおわせていた。

それが、ここ最近では、「1か月以上前に公表」という主張は聞かれなくなっている。
加えて「4月10日よりあと」という選択肢も浮上している。

天皇・皇后両陛下がご結婚から60年を迎えられる4月10日に、超党派の議員連盟や経済界なども参加する民間団体が、天皇陛下が即位されて30年になることを祝い、感謝する集いを開くことを決めたからだ。

<もっと詳しく知りたい・記事の元>

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ