<バレー女子世界選手権2018>日本は準決勝進出ならず

ニュース

<バレー女子世界選手権2018>日本は準決勝進出ならず

バレーボール女子の世界選手権2018は10月15日夜、名古屋市で3次リーグが行われ、日本はイタリアにセットカウント2対3で敗れ、グループ最下位が決定し、準決勝進出を逃しました。

日本は3次リーグ2連敗となってグループ最下位が決定し、準決勝進出を逃しました。

日本は今月19日に横浜市で行われる5位決定戦で、世界2位のアメリカと対戦します。

<中田監督「競った時の精度やメンタルに差>

中田久美監督は「今シーズンは世界選手権でメダルを獲得するという『マイルストーン』を掲げて強化に取り組んできたので、悔しい気持ちでいっぱい。点数が競った時の精度やメンタル、得点の1、2点の差が大きな差ではないかと感じる。もう1回課題設定を見直して、本当に世界に勝つために何が必要なのかを考える必要があるかもしれない。まだ試合があるのでしっかりと最後まで戦います」と話していました。

1

関連記事

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ