<台風19号> 21日夜遅くにかけ 九州南部などに接近のおそれ

ニュース

<台風19号> 21日夜遅くにかけ 九州南部などに接近のおそれ

台風19号は沖縄県の東の海上を西寄りに進んでいて、8月21日夜遅くにかけて非常に強い勢力で九州南部や鹿児島県の奄美地方にかなり接近するおそれがあります。

気象庁の発表によりますと、強い台風19号は、21日午前1時には沖縄県の南大東島の東北東280キロの海上を1時間に20キロの速さで西北西へ進んでいると見られます。

中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は発達しながら西北西へ進み、21日夕方から夜遅くにかけて非常に強い勢力で、九州南部や鹿児島県の奄美地方にかなり接近するおそれがあります。

台風の接近に伴って、21日は九州南部や奄美地方を中心に猛烈な風が吹き、猛烈にしけるおそれがあります。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ