<将棋 藤井四段 >デビュー以来100局目対戦を勝ち、勝率は歴代1位タイ

ニュース

<将棋 藤井四段 >デビュー以来100局目対戦を勝ち、勝率は歴代1位タイ

将棋の藤井聡太七段は、7月31日、デビューから100局目となる節目の対局に臨み、西尾明六段(38)に勝ちました。成績は85勝15敗で、100局目としては、歴代1位タイの高い勝率となりました。

デビューから100局の時点の勝率ランキングは、将棋界に名を残している棋士たちが上位を占めています。

歴代1位は中原誠十六世名人が昭和42年に達成した85勝15敗で、藤井聡太七段は31日勝ったことで、この記録に並びました。

3位は史上最多の1433勝を挙げている大山康晴十五世名人が昭和19年に達成した80勝20敗。
4位は羽生善治竜王が昭和62年に達成した78勝22敗。
そして「神武以来の天才」と呼ばれた加藤一二三九段が昭和32年に達成した76勝24敗が続いています。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ