<アジア大会2018> 3日目の結果と4日目の見どころ

ニュース

<アジア大会2018> 3日目の結果と4日目の見どころ

アジア大会2018インドネシアジャカルタ大会の3日目の結果と4日目の見どころをまとめてみました。

■3日目の結果

<アジア大会 3日目はメダル16個>

8月20日、競泳で日本女子短距離のエース、池江璃花子選手が50メートルバタフライと100メートル自由形で2つの金メダルを獲得するなど、日本は合わせて16個のメダルを獲得しました。

<メダル獲得30個に 中国に次ぐ2位>

大会3日目、8月20日、日本は合わせて16個のメダルを獲得し、金が8個、銀が11個、銅が11個となっています。メダルの獲得数は、中国がトップで、金メダル15つを含む金銀銅合わせて36個。2位は日本で、金メダル8つを含め合わせて30個。3位は韓国で、金メダル5つを含め合わせて24個となっています。

■4日目の見どころ

・競泳では
 日本女子の短距離のエース、18歳の池江選手が100メートルバタフライに出場し、800メートルリレーにも出場する予定です。

 男子200メートル平泳ぎには、この種目の世界記録を持つ渡辺一平選手と、小関也朱篤選手の2人が出場します。

 男子400メートル自由形には、日本のエース、萩野公介選手が出場します。

・レスリング男子では
 太田忍選手がグレコローマンスタイル60キロ級に出場します。

・バドミントンは
 男女ともに団体の準決勝で、開催国のインドネシアと対戦です。


旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISG+AG9Z3M+0K+11HVOH" target="_blank" rel="nofollow">
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ