<台風10号> 予想進路

ニュース

<台風10号> 予想進路

台風10号は、日本の南の海上を北よりに進んでいて、沖縄と鹿児島県の奄美地方では7月20日から風が強まり、21日土曜日には暴風域を伴って沖縄地方に接近する見込みです。

気象庁の観測によりますと、台風10号は、午後6時には、日本の南の海上を1時間に20キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の南側440キロ以内と、北側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は、今後、発達しながら北上し、沖縄・奄美地方では20日から風が強まり、21日土曜日には暴風域を伴って沖縄地方に接近する見込みです。

20日にかけての最大風速は沖縄地方で20メートル、奄美地方で18メートル、最大瞬間風速はいずれも30メートルと予想されています。

波の高さは沖縄地方で7メートルの大しけになる見込みです。

沖縄・奄美では20日には台風周辺の発達した雨雲がかかり、雷を伴って強い雨が降るほか、21日にはさらに雨が強まるおそれがあります。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ