<サッカーW杯2018日本代表> ベスト8ならず ベルギーに敗れる!

ニュース

<サッカーW杯2018日本代表> ベスト8ならず ベルギーに敗れる!

サッカーワールドカップロシア大会は7月3日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーと対戦し、2対3で逆転負けし、初のベスト8進出はなりませんでした。

前半

・日本は後半3分、柴崎岳選手のスルーパスに反応した原口選手がシュートをゴール左隅に決めて1点を先制しました。
・さらに7分、ゴール正面で香川真司選手のパスを受けた乾選手がミドルシュートをゴール右隅に決めて追加点をあげ、2対0とリードを広げました。
・しかし24分、ベルギーにフェルトンゲン選手のゴールで1点を返されると、29分には、クロスボールを途中出場のフェライニ選手に頭で合わされて2対2の同点に追いつかれました。
・日本は守備陣の体を張った守りで0対0で前半を終えました。

後半

日本は、36分に山口蛍選手と本田圭佑選手を投入し、勝ち越しのチャンスをうかがいましたが、逆にアディショナルタイムにカウンターからシャドリ選手にゴールを決められて2対3と勝ち越され、逆転負けを喫しました。


西野監督「すべてに差があったがわずかな差」

日本代表の西野朗監督は「ベルギーを追い詰めたが、何かが足りないのだろうか。
3点目を取れるチャンスがあったし、ボールもコントロールできていたが、そこに本気のベルギーがあった」と試合を振り返りました。

そのうえで、世界の強豪との実力差について問われると、「すべてに差はあったが、わずかな差だと思った。
選手も1日、1試合ずつ、ワールドカップのために、こういう勝負をするために、いい準備をしてくれたと思う」と接戦で敗れた選手たちの健闘をたたえました。


1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ