<台風5号> 10日、沖縄県大東島地方に接近し、11日には、伊豆大島や小笠原諸島に接近

ニュース

<台風5号> 10日、沖縄県大東島地方に接近し、11日には、伊豆大島や小笠原諸島に接近

大型の台風5号は10日、沖縄県の大東島地方に接近し、11日月曜日には、東京の伊豆諸島や小笠原諸島に近づくおそれがあり、暴風や高波に警戒が必要です。また、台風から湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる影響で東日本の太平洋側を中心に大雨になるおそれがあり、気象庁は最新の情報を確認するよう呼びかけています。(6月10日 1時10分)

大型の台風5号は、午前1時には沖縄の南大東島の南西の海上を時速15キロの速さで北東へ進んでいるとみられ、中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側750キロ以内と、北西側330キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いています。

大東島地方では猛烈な風が吹くおそれがあり、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルと予想され、海上の波の高さは8メートルと大しけになる見込みです。

東海や関東甲信では、台風から暖かく湿った空気が流れ込み前線の活動が活発になるため、10日夕方から11日にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。


1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ