<日米首脳会談2018.6.7> 米朝会談に向け拉致問題で連携

ニュース

<日米首脳会談2018.6.7> 米朝会談に向け拉致問題で連携

安倍首相は、6月12日、シンガポールで行われる日米首脳会談を前にした6月7日、ワシントンを訪れ、トランプ大統領と会談し、その成果を記者会見で発表しました。

<会談の要旨>

安倍首相は、「米朝首脳会談によって、北東アジアの平和と安定に向けた扉が開くことを強く期待する」と述べました。また、拉致問題の解決に向け、日朝首脳会談の開催に意欲を示しました。

トランプ大統領は、トランプ大統領は米朝首脳会談に向けて、日本人の拉致問題をめぐって緊密に連携していく考えを示しました。

トランプ大統領は米朝首脳会談で日本人の拉致問題を必ず議論すると表明しました。

トランプ大統領は、米朝首脳会談で朝鮮戦争の終結について合意することもありうるという認識を明らかにしました。また、すべてが完了すれば国交の正常化もありうるという考えも示しました。

トランプ大統領は、米朝首脳会談がうまく行けば、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長をアメリカに招くこともありうるという考えを示しました。

<もっと詳しく知りたい方|引用先のNHKニュースをどうぞ>



1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ