<沖縄戦から73年> 平和を誓う 「慰霊の日」 平和祈念公園

ニュース

<沖縄戦から73年> 平和を誓う 「慰霊の日」 平和祈念公園

沖縄は6月23日、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から73年の「慰霊の日」を迎えました。最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園には朝早くから遺族などが訪れ、戦没者を悼み、平和への祈りがささげられました。

・太平洋戦争末期の沖縄戦では、住民を巻き込んだ激しい地上戦で20万人を超える人が犠牲になり、亡くなりました。
・沖縄県は、6月23日を「慰霊の日」としています。
・沖縄県の翁長知事は、戦没者追悼式で、基地負担の軽減を改めて訴えました。
・平和への誓いを新たにする一方、沖縄の重い基地負担を問い直す日になりました。
・沖縄戦から73年がたち、戦後生まれが県民の9割近くになる中、戦争の記憶と教訓をどのように継承していくかが課題となっています。


翁長知事が「平和宣言」を読み上げ、「私たちは、この悲惨な体験から、戦争の愚かさ、命の尊さという教訓を学び、平和を希求する『沖縄のこころ』を大事に今日を生きています」と述べました。

そして、米朝首脳会談が開かれるなど、東アジアをめぐる安全保障環境は大きく変化しているとしたうえで、「20年以上も前に合意した辺野古への移設が、普天間飛行場問題の唯一の解決策と言えるのでしょうか。沖縄の基地負担軽減に逆行しているばかりではなく、アジアの緊張緩和の流れにも逆行していると言わざるをえず、全く容認できるものではありません。国民の皆様には沖縄の基地の現状や日米安全保障体制の在り方について、真摯(しんし)に考えていただきたい」と述べました。

安倍総理大臣は「沖縄は20万人もの尊い命が無残に奪われ焦土と化した。すべての戦没者の無念を思う時、胸の潰れる思いだ。戦争の惨禍を二度と繰り返さず、万人が心豊かに暮らせる世の中を実現すると改めて誓う」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「沖縄の方々には永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいており、この現状は変えていかなければならない。『できることはすべて行う』。引き続きこの方針のもと、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と述べました。

また、安倍総理大臣は「沖縄は美しい自然や地理的特性を生かし、去年の観光客の数はハワイを上回った。沖縄が日本の発展をけん引することが現実のものになってきたと実感しており、この流れをさらに加速させるため、私が先頭に立って沖縄の振興を前に進める」と述べました。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISG+AG9Z3M+0K+11HVOH" target="_blank" rel="nofollow">
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ