<大相撲巡業>.... 救命処置の女性に「土俵から下りて」とアナウンス

ニュース

<大相撲巡業>.... 救命処置の女性に「土俵から下りて」とアナウンス

4日、京都府舞鶴市で行われた大相撲の春巡業で、市長があいさつ中に土俵上で倒れ、救命処置のため駆けつけた観客の女性に対し、日本相撲協会の担当者が「女性は土俵から下りてください」とアナウンスしていたことがわかりました。

相撲協会は「人命にかかわる状況では不適切な対応でした」とおわびのコメントを発表しました。

日本相撲協会によりますと、4日午後、舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で行われていた巡業で舞鶴市の多々見良三市長が土俵上でのあいさつ中に突然倒れ、相撲協会の関係者とともに、看護師の資格を持つと見られる観客の女性が駆けつけ救命処置を行いました。

この際、大相撲では女性が土俵に上がることは伝統的に禁じられているため、場内アナウンス担当の行司が「女性は土俵から下りてください」と数回、アナウンスしたということです。



1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ