<藤井聡太六段>これまでの足跡を振り返る!

ニュース

<藤井聡太六段>これまでの足跡を振り返る!

<史上最年少で公式戦50勝達成>

最年少プロ棋士の藤井聡太四段(15)は平成29年11月21日、大阪市の関西将棋会館であった王座戦1次予選で平藤ひらふじ真吾七段(54)に1勝ち、公式戦50勝を達成

これを記念し、これまでの藤井六段の足跡を振り返ります。

将棋の最年少棋士で中学3年生の藤井聡太四段(15)が21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった王座戦1次予選で平藤真吾七段(54)に126手までで勝ち、史上最年少(15歳4か月)での公式戦50勝(6敗、未放送のテレビ対局を除く)を達成しました。

 対局後、藤井四段は「全体的に自信のない局面が続き、最後になって(やっと)勝ちを意識できた。一局一局指してきたのが、(50勝という)節目せつもくの数字になったのは感慨深いです」と話しました。

 日本将棋連盟によると、藤井四段は四段昇段から1年1か月での50勝到達で、これまでの羽生善治棋聖の記録(16歳6か月での達成)を更新しました。



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ