春風に揺れるツクシ 二十四節気のひとつ「啓蟄」

ニュース

春風に揺れるツクシ 二十四節気のひとつ「啓蟄」

3月6日は二十四節気のひとつ「啓蟄(けいちつ」 冬ごもりしていた虫がはい出すころとされる。

福岡県内の最低気温は福岡市8・1度▽北九州市7・4度▽久留米市7・7度▽飯塚市7・2度-を記録。3月上旬から4月中旬並みで、春の陽気を感じさせる朝となった。

福岡県糸島市二丈吉井の土手にはあちこちでツクシが顔を出し、春風に揺れていた。約20センチに成長したものもあり、ツクシを摘みに来た女性は「今年は寒波で顔を出すか心配だった。卵とじかおひたしにしたい」と目を細めた

<2018/03/06付 西日本新聞夕刊>



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ