<森友学園問題>財務省公文書改ざんに関する直近ニュース

ニュース

<森友学園問題>財務省公文書改ざんに関する直近ニュース

3月17日 19時39分森友学園問題
森友学園への国有地売却の経緯を記した財務省の決裁文書で、近畿財務局が学園と協議を行ったおととし3月のある日の記述が、すべて削除されていたことがわかりました。この日、財務局は、学園側から購入可能な金額の上限を聞き出していましたが、記述が削除されたことで、この日の協議の内容が国会で追及されにくい形になっていました。

森友学園への国有地売却をめぐって、財務省は、学園との間で事前の価格交渉はしていないと国会で説明してきましたが、文書の書き換えが明らかになったことで、その信用性が失われる事態になっています。

3月17日 18時25分森友学園問題
財務省による決裁文書の書き換え問題をめぐり、立憲民主党の福山幹事長は、群馬県伊勢崎市で記者団に対し、事実を解明するため、佐川前国税庁長官の証人喚問を早期に行うよう、与党側に求めていく考えを強調しました。

この中で、立憲民主党の福山幹事長は、「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた問題について、「フェイク文書にフェイク答弁を重ねた結果、そごが出るのは当然だ。いつ、どこで、誰の指示で改ざんが行われたのか、早急に追及していきたい」と述べました。

<関連動画>




<安部首相夫人に関するニュースも>

<詳しく知りたい方は下記をクリック>


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ