男性は滋賀が初の首位....[平均寿命].....女性は長野

ニュース

男性は滋賀が初の首位....[平均寿命].....女性は長野

厚生労働省は13日、2015年の都道府県別の平均寿命を発表した。男性は前回調査(10年)で2位だった滋賀が81.78歳で初の首位となった。

女性は87.675歳の長野がトップで、岡山と0.002歳の僅差ながら前回に続き首位を維持した。

平均寿命が最も低かったのは前回と同様に男女とも青森で、男性は78.67歳、女性は85.93歳だった。

都道府県別生命表は1965年から5年ごとにまとめており、今回で11回目。全国平均は男性が前回調査より1.18歳延びて80.77歳、女性は0.66歳延び87.01歳だった。

男性の首位は前回まで5回連続で長野が首位だったが、今回は滋賀が初めて1位となった。厚労省は「滋賀は食塩の摂取量が少なく、喫煙者の割合も低い」と話す。滋賀の次は長野(81.75歳)で、京都(81.40歳)、奈良(81.36歳)、神奈川(81.32歳)の順だった。

女性はトップの長野と0.002歳の僅差で岡山(87.673歳)が続き、島根(87.64歳)、滋賀(87.57歳)、福井(87.54歳)。1975年から2005年まで女性の1位だった沖縄は87.44歳で今回7位。沖縄の女性は75歳の平均余命はトップだったが、若い世代の平均余命の延びが小さく、前回の3位から順位を下げた。

出典 http://www.nikkei.com


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ