フランス ソムリエ.....日本酒審査.... 最優秀の銘柄は!

ニュース

フランス ソムリエ.....日本酒審査.... 最優秀の銘柄は!

10月9日 6時44分

日本酒の人気が高まっているフランスで、ワインのソムリエたちが日本酒を飲み比べて味や香りなどを審査する初めてのコンクールの審査結果が発表されました。日本とEU=ヨーロッパ連合の間でEPA=経済連携協定が大枠合意に達した中、日本の酒造業界はEUへの輸出拡大に期待しています。

このコンクールはことし6月、フランスで初めて開かれたもので、一流のソムリエたちが550もの銘柄の日本酒の味や香りなどを審査しました。

その結果が8日、パリ市内で開かれた日本酒の見本市で発表され、最優秀賞に佐賀県の「天山酒造」の「七田純米吟醸雄町50」が、審査員特別賞には熊本県の「花の香酒造」の「花の香桜花」が選ばれました。
審査委員長を務めたソムリエのグザビエ・チュイザさんは「最優秀の日本酒は上質な白ワインと似ていて、フランス料理との相性のよさや可能性を感じた」と話していました。

フランスで日本酒は野菜などを多く使った健康志向の料理に合うと人気が高まっています。
ことし7月には日本とEUの間でEPA=経済連携協定が大枠合意に達し、協定発効後は日本酒にかけられている関税が撤廃されることが決まり、日本の酒造業界はEUへの輸出拡大に期待しています。

最優秀賞に選ばれた天山酒造の七田謙介社長は「フランスで高い評価を受けたことは大きな自信になるし、今後、ヨーロッパに向けて日本酒を輸出する際の力になると思う」と話していました。

出典 http://www3.nhk.or.jp


・59種類もの栄養素を含むこのミドリムシと300億個の乳酸菌が同時に摂れるサプリです。
・口コミでも話題のミドリムシと、体内環境を整える2つの乳酸菌と善玉菌のエサになる2つのオリゴ糖を配合!
・栄養素も乳酸菌も一度にコレだけの量を摂れるのは株式会社エポラの『乳酸菌ミドリムシ』だけ!!
・さらに保存料、香料、賦形剤など、カラダに蓄積して害となるものを一切使用していない“完全無添加”。
・ミドリムシはもちろん、世界初・東大発・石垣島産のミドリムシを使用。
・乳酸菌とオリゴ糖のWの力で体内環境を整えつつ、ミドリムシでしっかり栄養がとれるマルチサプリの決定版

<乳酸菌とオリゴ糖の特徴>
・プロバイオティクス(乳酸菌を食べる)、プレバイオティクス(オリゴ糖を食べる)両方を一緒に食べることを「シンバイオティクス」といいます。

2種乳酸菌
 (1)有胞子性乳酸菌(生きて腸まで届く乳酸菌)7億個ほど入る。
 (2)EC-12株(小さい菌なので300億個入っている。腸管から吸収される。免疫を高める)

2種オリゴ糖
 (1)フラクトオリゴ糖(野菜ショ糖)
 (2)ガラクトオリゴ糖(ガラクトース、乳に含まれる糖)
  +ミドリムシを加える。ことで相乗効果が起こることが特徴になります。


1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ