(春秋) 「忠臣蔵」の討ち入り、実は12月14日の二日遅れだった!

ニュース

(春秋) 「忠臣蔵」の討ち入り、実は12月14日の二日遅れだった!

「忠臣蔵」の吉良邸討ち入りは12月14日とされるが、実はその2日後には早速芝居として上演され、物見高い江戸の庶民を大いに沸かせたらしい。劇作家の別役実さんが、演劇評論誌「悲劇喜劇」(早川書房)の先月号で「真偽は定かでない」と断りつつ紹介している。

▼当時、演劇は「メディア」だった。ゆえに大事件を戯曲として速報するノウハウがあったに違いない。芝居屋は噂話などを通じ、事件の背後を知り、固唾をのんで討ち入りを見守っていた。義士たちは世の空気にも背中を押され、決行したのではないか、と別役さんは推理する。社会と芸能に関する洞察力に満ちた論考だ。

▼先週、東京・両国の寄席をのぞいたら「堪忍袋」という演目が掛かった。ケンカを繰り返す夫婦が、手縫いの袋に不平不満を吐き出し気分をリセットしたところ争いが収まり近所の大評判に、という筋だ。三遊亭竜楽さんは、堪忍袋を借りに来た面々に、「希望の党」を排除された人、排除した人を登場させたから大喝采。

▼トリは質屋の婿養子が相次ぎ早死にする古典落語「短命」。今でいう「美魔女」の妻に活力を奪われたのが原因、という艶っぽい噺(はなし)だ。どこか政局の行方も連想させる演目構成だった。別役さんのいうメディアとしての大衆芸能の面目躍如だ。「劇場型」といわれる総選挙は、あすが公示日。結末は悲劇か喜劇か不条理か。

出典 http://www.nikkei.com



創業者である川原俊夫が日本初の明太子を誕生させてから今日に至るまで、弊社は一貫して創業メーカーとして、「原点の味」を守りつつも時代に合ったおいしさを追求してまいりました。

・食卓の楽しみが広がる明太子をより多くの方にお届けしております。

・一番人気は家庭用明太子で、特に小分け出来るパッケージが好評です。

・ギフトシーズンは多くの方がまとめ買いをされるため早めの予約をおすすめします。


Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISG+AG9Z3M+0K+11HVOH" target="_blank" rel="nofollow">
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ