ソニー 家庭用ロボ来春に....挑戦再び

ニュース

ソニー 家庭用ロボ来春に....挑戦再び

 ソニーが2018年春にもイヌ型の家庭用ロボットを発売する。「AIBO」の開発を終了して以来、バラバラになった研究者を集めており、ロボット事業への再参入は12年ぶりとなる。構造改革にメドを付けたものの新たな価値を生み出していると言い切れないソニー。人工知能(AI)で先行し、新市場を生み出す米IT(情報技術)大手に、日本が強いメカニクスを軸にして対抗する狙いだ。

 本物のイヌのように跳ね回り、ペットの役割を担いながら、声で指示した通りに家電を動かす――。新製品は米アマゾン・ドット・コムや米グーグルが先行するAIスピーカーに愛玩犬の魅力を加えるイメージだ。AI技術の深層学習を取り入れ、ネットにつなげて家中の家電製品を操作する機能も持たせる。

 基本ソフト(OS)はソニーがロボット用に独自開発した。その仕様を公開して外部の開発者に改善してもらうようにするなどビジネスのアウトラインも固まってきた。最新の電子部品を搭載してイヌのような機敏な動きを再現する技術上のメドも付いた。

 16年6月にロボット事業への再参入を表明した平井一夫社長は「ファクトリーオートメーション(FA)などの工業用も含めて幅広に展開する」と宣言したのに第1弾は家庭用を選んだ。高シェアのプレーヤーが固定している工場向け産業ロボットよりも、これから市場が開く家庭用は参入しやすいと判断した。

出典 http://www.nikkei.com


・NHKで紹介されたミドリムシが5億個も配合!
・乳酸菌サプリにも負けない300億個の乳酸菌が同時に摂れる!
・さらにオリゴ糖も2種類配合で体内の善玉菌を活発に!
・そんなサプリが初回980円で購入できる!2回目以降もずーっと20%OFF!!

◇エポラの『乳酸菌ミドリムシ』がお得に続けられるチャンスです。


1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ