<与党(自民・公明両党)>希望の党が 幅広い連携目指しているについて「数合わせだ」批判強める

ニュース

<与党(自民・公明両党)>希望の党が 幅広い連携目指しているについて「数合わせだ」批判強める



9月30日 4時15分

衆議院選挙に向けて、希望の党は民進党出身者らの公認調整を進めるとともに、日本維新の会などとも選挙対応を協議する方針で、幅広い勢力による連携の実現を目指しています。これに対し、与党側は「選挙目当ての数合わせだ」などと批判を強めるとともに、国民の命や暮らしを守ることができるのは自民・公明両党の連立政権だけだと訴えていく方針です。

来月10日公示、22日投票の衆議院選挙に向けて、各党幹部が街頭で支持を訴えるなど、事実上の選挙戦が始まりました。

こうした中、希望の党の代表を務める東京都の小池知事は、希望の党に事実上、合流する方針を決めた民進党の前原代表と会談し、民進党出身者の公認調整を進めることを確認しました。小池氏は民進党出身者の公認について「安全保障や憲法観で一致することが必要最低限のことであり、一致しなければ排除する」と述べていて、両党の担当者が、29日に続いて、30日も調整を行うことにしています。

民進党内では、小池氏主導で進む調整に不安が広がっていて、民進党の最大の支持団体である連合の神津会長は前原氏に民進党出身者が希望の党から公認されなかった場合、連合と政策が一致すれば支援する考えを伝えました。

小池氏は民進党側との調整と並行して、日本維新の会とも選挙への対応を協議するなど、幅広い勢力による連携の実現を目指していて、30日大阪市を訪れ、日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事らと会談することにしています。松井氏は希望の党について「大体、政策的には一致している。大都市が連携したら、今、大阪でやっている、さまざまな身を切る改革が日本中に広がる」と述べ、連携協議に前向きに臨む考えを示しました。

野党勢力の結集をめぐっては自由党の小沢代表も安倍政権に対抗するために必要だとして、希望の党と協議を続けていて、森参議院会長は「安倍総理大臣の独裁か、民主主義の希望かという衆議院選挙になりつつある」と述べました。

これに対し与党側は、希望の党を中心とする野党勢力の結集の動きについて「選挙目当ての数合わせだ」などと批判を強めています。そのうえで「今回の選挙は政権選択選挙だ」と強くアピールして、少子高齢化や北朝鮮問題などに立ち向かい、国民の命や暮らしを守ることができるのは自民・公明両党の連立政権だけだと訴えていく方針です。

安倍総理大臣は街頭演説で「選挙戦は未来に向かって、どちらの政策が優れているかを競い合う場にしなければならないが、残念ながら、『当選するためにどの政党に移ろうか』、『政党を解散してしまおうか』そんな話題ばかりだ。日本の未来を作るのはブームではなく堅実な政策だ」と述べ、野党勢力結集の動きを批判しました。そのうえで、雇用情勢の改善などを受け、引き続き、賃金の上昇などを目指す考えを示しました。

また公明党の山口代表も「民進党で政権を争えないような人が、希望の党と名前を変えて隠れみので勝負しようと言っても、国民は見抜いている。希望の党の仮面のほうが当選できるかもしれないという上っ面だけの仮面政党に、政権を任せられるわけがない」と述べました。

一方、共産党は志位委員長が「民進党は安全保障関連法にあれだけ反対して、ともに戦った。法律を容認する希望の党との合流は、大きな政治的変節だ」と述べるなど、民進党への批判を強めています。そのうえで、希望の党から立候補せず、安全保障関連法の廃止を訴える民進党出身者とは連携を模索する考えです。

社民党は20の小選挙区で共産党と候補者を一本化することで合意したのに加え、希望の党から立候補しない民進党出身者との連携を模索したい考えで、又市幹事長は「保守2大政党の体制を許すわけにはいかない」と述べました。

日本のこころの中野代表代行は野党勢力結集の動きについて「野合で、またバラバラになるのは目に見えている」と批判するとともに、安倍政権を支持する考えを強調しました。

出典 http://www3.nhk.or.jp


そもそも""キヌア""とは?
---------------------------------------
多くのメディアで取り上げられるキヌアは、類まれな栄養バランスを誇るスーパーフード。美と健康を求める方々の間でいま大注目の食材です。

●世界初のキヌアのグラノーラ
忙しい朝でもさらっとキヌアを食べられる!
無添加・自然素材100%で自然な甘みが絶妙。
ロンドンのモデルが開発した、美と健康のためのグラノーラです。

●海外でもメディアが注目してやまない美活商品
日本でも話題沸騰中のキヌアを手間なく食べられるということで、海外有名メディアに掲載された数はなんと350回以上!
イギリス本国で「食のオスカー」と言われる『GREAT TASTE AWARDS』も受賞した実力商品です。

●日本で販売しているのは当店のみ!


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ