夏の甲子園 花咲徳栄が初優勝

ニュース

夏の甲子園 花咲徳栄が初優勝

夏の甲子園では 埼玉県勢としても 初の優勝となりました。

夏の全国高校野球は23日、決勝が行われ、埼玉の花咲徳栄高校が広島の広陵高校に14対4で勝ち、春夏通じて初めての優勝を果たしました。夏の甲子園では埼玉県勢としても初の優勝となりました。

花咲徳栄は、1回に3番・西川愛也選手のタイムリーヒットで2点を先制し、5回には、西川選手のタイムリースリーベースヒットなど打者10人の攻撃で一挙6点を挙げてリードを広げました。

花咲徳栄は、初戦から6試合連続のふた桁安打となるヒット16本で14点を奪い、決勝でも持ち味の打線が力を発揮しました。

夏の甲子園で過去3回準優勝の広陵は、投手陣が花咲徳栄打線につかまり、守備にも乱れが出て初優勝はなりませんでした。

また、準決勝までに6本のホームランを打ち、1大会での個人のホームラン数の記録を32年ぶりに更新した広陵の中村奨成選手は、23日はホームランは出ませんでしたが、3本のヒットを打ちました。

これで中村選手の今大会通算のヒット数は19本となり、昭和61年の68回大会で松山商業の水口栄二さんがマークした大会記録に並びました。

花咲徳栄 岩井監督「感謝の気持ちでいっぱい」

初優勝した花咲徳栄高校の岩井隆監督は試合後のインタビューで「選手たちは本当につらい道のりを一歩一歩、よくかけ上がってくれました。選手たちが私を信じて練習してくれた結果だと思います。ここ甲子園が打たせてくれたヒットもありました。感謝の気持ちでいっぱいです」と話し決勝の大舞台で14点をあげた選手たちをねぎらいました。

初優勝した花咲徳栄高校のキャプテン、千丸剛選手は、試合のあとのインタビューで「先輩たちが悔しい思いをしている姿を目の前で見てきて、自分たちこそと思っていました。これまで我慢してきたことが結果に結びついて、とてもうれしいです」と話していました。

また、5回途中からマウンドに上がり、最後まで投げた清水達也投手は「一生記憶に残る忘れられない大会になりました。最高です」と笑顔で話していました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ