看護婦の記録....皆が「死の間際に後悔すること」.....!

ニュース

看護婦の記録....皆が「死の間際に後悔すること」.....!

オーストラリアの看護師さんが、高齢者の最期の日々を見送ってきて、死に近づいた時に彼らが何よりも後悔することを記録していました。
その中で多かったのは、「生きたいように生きる勇気が足りなかった。他の人がのぞむように生きていた」 「働きすぎの人生だった」 「自分の感情を表す勇気が足りなかったのを悔やむ。」 「交友関係を保たなかったのが残念だ。」 「もっと幸せになることを自分に許せなかったことが残念だ」、後期高齢者の自分の人生と重ねみますと、納得できます。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ